別荘を管理するブログ

廃別荘地の別荘を管理するブログ

土地をキレイに維持しやすくするために「土を焼く」という発想

 

 草はあまり生えてないが不快感のある土地

田舎暮らしだとかBライフだとかのブログを読んでいると「草刈りが大変だ」というワードをよく見ます。

私も別荘を購入したときは身構えていましたが、草がボーボーという感じはあまりありません。

木が多く日当たりが悪いので草すら生えてこない環境のようです。

代わりに笹?が多く生えています。

f:id:koidekonbu:20170421190926j:plain

↑こんな感じなやつです。詳しくないのでよく分かりません。

山林でよく見る植物な気がします。

草がボーボーなわけではありませんが、ジメジメしていて笹と苔と腐った木しかない私の土地は正直キモいです。

土地改良のための第一歩として、まず木を切ろうと思っています。

(関連記事)

別荘を湿気から守るため木を切ると決めた - 節約ニートの山暮らし

木を切ったあとは草がボーボーになるかもしれません。

その対策が必要です。

 仄暗い基礎の下からの着想

別荘を購入したときに一つ気になったことがありました。

私の別荘は傾斜地にあり、鉄骨で組まれた基礎の上に建物があります。

そして基礎の下に植物は一切生えていません。

そこが気になりました。

何かのヒントになっていると思いました。

f:id:koidekonbu:20170421191943j:plain

(基礎の下。生えてない。前の持ち主が何かを燃やした痕跡がある。)

 

生えていない原因の一つに、建物の影になって日が当たりにくいということがありますが決定的な理由とはなっていません。

草なんて日陰でも生えるときは生えますよね。

私は土に原因があると思います。

基礎の下の土は、砂場とかグランドの砂って感じの質感をしています。

おそらく基礎の工事をしたときに外部から大量の土を持ち込んで土地の整備をしたのだと思います。

私は基礎の下を見て、管理しなくても草が生えない環境は条件次第でありえる、という事を学びました。

 

そして一つのアイディアが浮かびました。

「土を焼く」というアイディアです。

 焼き土で土地を快適に

土を焼くことで

1、草を殺す。

2、草の種を殺す

3、腐葉土とか腐った丸太とかも無くせてスッキリする。

という効果があると思ったのです。

更には新たに発見した問題の解決もできます。

別荘の前の持ち主が地面に埋めた食品ごみを動物が掘り返した形跡を発見、そして同情 - 節約ニートの山暮らし

 

そして世の中には先駆者がいるはずだと思い調べました。

土焼き - Google 検索

f:id:koidekonbu:20170421201815p:plain

 

 非常に有益な情報を得られました。

先程あげた効果の他にも、病原菌や害虫の駆除の効果もあるようです。

基本的には農業のテクニックのようですが使えます。

 

まず土を焼き、もともとあった草などの生物の影響力を排除します。

その後に自分の好みの植物を植えればいいのです。

きれいな芝生にできたらサイコーですねー!

 

とにかく現状は土地に「有機物」が多すぎます。

朽ちた木とか、腐った葉っぱとか、食品ゴミです。

多分こういうものを放置すると虫やカビが大量発生して住みにくくなると思います。

こういう有機物の多さが漠然とした「キモさ」に繋がっているのかもしれません。

f:id:koidekonbu:20170421203750p:plain

ただこういう行動は野焼きというジャンルに当てはまるようで、よく考えて行動しなければなりません。