楽しい方の茶番

廃別荘地の別荘を管理するブログ

別荘にある小川の水を吸い上げていたと思われるポンプをサルベージしました

購入した別荘には小川が流れており、そこに前の持ち主が設置したと思われる水を吸い上げる為のポンプが放置してありました。

 

 

ポンプにはホースもコンセントも繋がっておらず放置しある状態です。

タンクが小川と別荘の中間あたりの急斜面に設置してあります。

私はなんか汚れててキモいし使わないからと思い完全に放置していました。

 

この日は友人が来ていました。

友人は機械を直したりするのが好きです。

ですのでポンプを見た途端「回収するぞ!」と言い出し、協力して回収することにしました。

前日に雨が降っており急斜面の土がドロ状態になって非常に滑りやすくなっており作業は難航しましたが無事回収することができました。

(何回か滑り落ちました)。

はじめは動きませんでしたが、コンセントの端子部分のサビを落としたところ動作をしました。

動作はしましたが、実際に水を吸い上げられるのかはまだ分かりません。

 

どうやら寺田ポンプというもののようです。

調べてみると全揚程?が8m?とかのようで、別荘までには明らかに届きません。

だからタンクが急斜面に無理やり設置してあったんだと納得しました。

急斜面にあるタンクまで水を汲みに行くのも嫌なので、何とか標高の高いところから水路で水を別荘内に引っ張れないかと考えております。

 

今回は友人が訪ねてきましたが、第三者がいると自分一人では手を付けないような方向に作業が進んで、こういうのも大事だなと感じました。