楽しい方の茶番

廃別荘地の別荘を管理するブログ

高評価の薪割り用斧 helko(ヘルコ) スプリッティングマスターの使用感は良い

Amazonなどインターネット上で高評価を得ている薪割り用斧「helko(ヘルコ) スプリッティングマスター」を購入したので私の使用感をこちらで公開します。

[目次]

梱包の状況

Amazonで購入したところダンボールに入れられて配達されました。

剥き身ではないので、斧を買っている不審者がいると怪しまれることはありません。

丸太を左右に押し広げる特徴的な形状

特徴的な斧の刃

一般的な斧での薪割り時、上手く一撃で割れなかったときに丸太に喰らいついた斧を外すのが苦痛という意見がネット上で見られます。

こちらの斧は特徴的な形をしており、丸太に食い込むほど丸太と斧の接地面積が減ります。

そのため丸太に斧が深く喰らいついて外れなくなるということがありませんでした。

こちらの斧では薪割り中に起きる現象は

1 割れる。

2 ほんの少し丸太に刺さる。

3 斧が丸太に弾き返される。

の3パターンしかありませんでした。

節のあるような複雑な内部構造の丸太は割ろうとしても弾き返される。

作業を進めていると、割ろうとしても弾き返される丸太があることが分かってきました。

節のあるものは割ろうとしても斧が弾き返されます。

割れやすい丸太

節が有り割れにくい丸太

おそらく内部で木の筋が複雑に曲がっているからこういうことが起きるのだと思います。

この斧は割れるものはスッキリ割れて、割れないものは喰らいつきもしないという特徴があるように思います。

中途半端に斧が丸太に食い込んで取り外せなくなるよりは良いことだと思います。

長めの丸太を割ってみた様子

薪割り失敗

↑は長めの丸太に斧を振るった後の写真です。

私の力量不足で一撃で割れませんでしたが、この写真はスプリッティングマスターの特徴をよく捉えています。

この丸太は実は深くまでヒビが入りほとんど割れかけています。

しかし斧はほとんど奥まで刺さっていません。

そのため簡単に丸太から斧を取り外せて、すぐに再度斧を振るうことが出来ます。

薪割り成功

↑は二振り目の結果の写真です。

右に倒れた丸太の側面から、一振り目の斧があまり木にくい込んでいないことが分かります。

二振り目に斧が当たったところと違う場所で丸太が割れているので、一振り目ですでに割れかけていたことが分かります。

ショボい刃先のカバー

Amazonでは刃先のカバーがショボいというコメントが見受けられましたが、マジでショボいので気をつけて取り扱ってください。手を切りそうになります。

最後に

私としては、非常に良い斧だと感じました。

なにせとても楽しく作業ができるのです。

割りたくてムラムラしてくる魅力がこの斧にはあります。

helko(ヘルコ) スプリッティングマスター DT-6

helko(ヘルコ) スプリッティングマスター DT-6