楽しい方の茶番

廃別荘地の別荘を管理するブログ

山奥の別荘にモモンガが不法侵入した話

80万円で購入した山奥の別荘に2週間ぶりに行き、中に入ったところすぐに異変を感じました。

何やら獣の気配がするのです…。

[目次]

床に草と綿の塊が落ちていた

モモンガの入った部屋

私は2週間ぶりに山奥の別荘に来ました。

そして中に入った途端に部屋の異変に気が付きました。

↑の画像は暗くて分かりにくいですが、赤丸で囲った場所に綿と草が混じったような何かが転がっています。(はじめはウ○コだと思っていました)。

 

この時私は同じ部屋で過去に起きた「キジが窓ガラスを突き破って侵入して死んでいた事件」を思い出していました。

[関連記事]

koidekonbu.hateblo.jp

キジが死んでいた事件は私のトラウマになっており、部屋の状況を見た時は「またか…」と思いテンションが下がりました。

視線の上に何かが…

キジの事件の経験から、まず床に何かがいないかの確認をしましたが生物らしきものはいません。

そこで視線を上げた所…

部屋の隅に獣の影/

「何か」を発見しました。

この部屋の壁には、別荘の前オーナーが開けたおそらく薪ストーブの煙突用の穴が空いています。

そこに「何か」があるのです。

ちなみに外から見た様子は、

別荘の煙突用の穴

↑の画像のようになっております。

壁に煙突用の穴があることがお分かり頂けると思います。

穴の位置はかなり高い所であるため私は「何か」は鳥であり、しかも全く動かないので死体だと思いました。

この時は夏真っ盛りだったため、「ウジとかが湧いてたら嫌だな」とか、「どうやって穴から出そう」とかそういう事を考えていました。

改めて現状調査に向かいました。

煙突の穴に獣の影

脚立乗って近くから「何か」を観察しました。

するとどうやら何らかの獣であることが分かってきました。

毛の感じからして鳥類ではなさそうです。

一体何なのか?どのようにこんな高い位置に侵入したのか?

謎は深まります。

そして近くで観察を続けていた所細かく動いており、呼吸をしていることが分かりました。

獣が死体でないことに少し安心しました。

声をかけて見ました。

しかし全く反応しません。

飛び出す獣

そこでホウキを持ってきて、少し触ることにしました。

パニックになってこっちに向かってくるのが嫌だったので、ホウキで穴を塞ぐ用な形で後ろからゆっくり触りました。

すると獣は大急ぎで穴から飛び出し、近くの木に掴まりました。

木にしがみついたモモンガ

どうやら「何か」はモモンガだったようです。

高い位置にある穴の中に潜んでいた事に納得できました。

巣穴として使っていたようです。

その後モモンガは素早く木を駆け上がり消えていきました。

ウジだらけの何かの死体を処理する覚悟でいたのですが一転して可愛い動物が見れたので嬉しかったです。

その後

とりあえず煙突の穴を塞ぐことにしました。

部屋に板切れがあるのでそれで塞ぎました。

 

その後床の掃除をしたのですが、そこで始めに部屋にあった綿と草の混じったものは、寝床の素材だったと気が付きました。

モモンガは寝床の素材を集めるために苦労したのでしょう。

途端にモモンガが寝床を失ったということに同情しました。

帰る家が無くなったら誰だって嫌だと思います。

この山奥では、雨の当たらない「穴」というものに需要があるようです。

いつか巣箱でも作って木に括り付けようかなとか思いました。

 

[関連記事]

 

koidekonbu.hateblo.jp

2017-8-22追記

モモンガのいた穴の下にあった机がカビました。

水玉模様っぽくカビたので、おそらくモモンガの尿のせいだと思います。

家の中にモモンガが入った時は、カビに注意してください!!以上